So-net無料ブログ作成
検索選択

129億円で毎年のゴタゴタをなくせるんですから [サッカー]

【6月11日 AFP】(一部更新、写真追加)イングランド・プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッド(Manchester United)は11日、スペイン1部リーグ、レアル・マドリード(Real Madrid)へのクリスティアーノ・ロナウド(Cristiano Ronaldo、24)の移籍を、史上最高額の移籍金8000万ポンド(約129億円)で合意したと発表した。

 フロレンティノ・ペレス(Florentino Perez)新会長の下、レアル・マドリードは8日にイタリア・セリエAのACミラン(AC Milan)から移籍金6750万ユーロ(約92億円)でカカ(Kaka)を獲得している。
 
 マンチェスター側はクラブのウェブサイト上で声明を発表し、再三のロナウド本人の移籍の希望に基づき、ロナウドの代理人との協議の上、レアル・マドリードに交渉を許可した経緯を明らかにした。契約は30日に調印される予定で、マンチェスター側はそれまでこれ以上の発表を行わないとしている。

 ロナウドはレアル・マドリードが長年、獲得を目指していたが、同クラブ会長に再選されたペレス会長は今週に入り、獲得のためには「可能な手をすべて尽くす」と宣言していた。

 レアル・マドリード側がロナウド獲得の可能性に触れるたびに、マンチェスター・ユナイテッド側はサポーターらに、移籍に合意はしていないと繰り返し発表してきた。レアル側からは現時点での発表はない。

 ロナウドはポルトガル1部リーグ、スポルティング・リスボン(Sporting Lisbon)所属中にスター選手として頭角を現し、マンチェスター・ユナイテッドに移籍した。2008年にはFIFA年間最優秀選手(FIFA World Player of the Year)に選出された。(c)AFP


ロナウドの移籍が決定しました。とはいえ、クラブ間の合意のみであるから、本人が嫌がれば話は別ですが、そのようなことはあり得ないでしょう。

マンチェスター・ユナイテッドにとっては、この金額でここ毎年のようにゴタゴタを繰り返す選手なんかサー・アレックス・ファーガソン監督にとっては厄介払いができたと思っているのに違いない。

彼の冷徹な頭脳で、ロナウド抜きでチームが成り立つことを計算しての放出劇であろうから、来期も死角は無しと言うところか。

移籍金で、どれほどの大物が取れるのでしょうね

レアルの資金はどこから出てくるか不思議です


2009-06-13 01:31  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(2) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。