So-net無料ブログ作成
検索選択

怪我の原因はなんでしょう? [サッカー]

ロナウドの手術執刀医が語る「ケガ続きの原因」  livedoor スポーツ


13日の試合中に左ヒザの膝蓋腱を断裂する大ケガを負い、パリ13区のピティエ・サルペトリエール病院で手術を受けたロナウド(ACミラン)。手術は無事成功し、退院は1週間後となる見通しだ。

 レキップ紙によると、手術を執刀したエリック・ロラン医師は、ロナウドの度重なるケガの原因について聞かれ、まず「アイントホーフェンで受けていた処置がひとつ」と話した。「処置」の内容は具体的に明らかにしていないが、ロナウドがPSVアイントホーフェン時代に筋肉増強剤を用いていた、というブラジルサッカー連盟の医師の発言を受けたものと見られる(ちなみにこの医師は、この発言の直後に連盟から解雇されている)。

 ロラン医師はさらに、ロナウドの体重デビュー当時から15キロも増えて90キロになり、両脚にかかる負担が増したこと、メディアで取り沙汰されるトップスポーツと相容れない不節制な生活、そして31歳という年齢を挙げた。医師によると、このケガをするのは通常30歳を過ぎてから。ロナウドは8年前にも同じケガを右ヒザに負ったが、当時の年齢としては非常にまれなケースだったという。

 また、ロナウドが病院に到着したときのことを聞かれると、「落胆した様子はなかった。もともと口数が少なく、目でコミュニケーションをとるタイプ。8年前に執刀した我々に対する信頼を感じた」と語っている。


ロナウドって以上に怪我が多いんですよね。しかも選手生命に関わるような怪我が・・・

今回も、全治9ヶ月から1年という長きにわたる時間が必要とされている

彼は、イタリアではプレーができない体なのかもしれません。インテルでも、選手生命に関わる大きな怪我をしたし、また同じミラノのチームで怪我をする

もともと、体重がデビュー当時から15キロも増えるというプロ選手にはあるまじきロナウドにも十分過失があるだろう。彼を使おうとしなかったレアル時代のカッペロ監督の判断は正しかったのかもしれない。使えば使うほど怪我をされていたら、フロントの苦労がすべて水の泡になる

 

しかし、ロナウドは前回の怪我の後ワールドカップ日韓大会で得点王をかっさらい見事に復活を果たしている。果たして引退という言葉を聞くことなくACミランで華麗なる復活ができるのでしょうか?

それにしても、ミランのフロント陣はロナウドの評価をどう下しているのでしょうか?一度聞いてみたいですね


2008-02-17 18:44  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。