So-net無料ブログ作成
検索選択

乖離した弁護士達だな [徒然日記]

痛いニュース(ノ∀`):【光市母子惨殺】 元少年「生きたい」「検察、僕をなめないでいただきたい」…弁護団、涙で「こんなに胸を張って弁護できたことはない」

弥生さんの母親も、やり切れない思いを法廷で訴えました。
「娘と孫がどんなに苦しい思いをしたのか、自分の首を絞めて実験してみました。被告人はこんなむごい形で娘の命を奪っておいて、まだ自分の命が惜しいのですか。真実の裁判をしてください」(弥生さんの母親)

メモをとりながら表情を変えずに遺族の陳述を聞いた元少年。その直後の被告人質問では、
憮然とした態度でこう証言しました。

「今以上の苦しみは実生活において容易に想定できます。それを踏まえてでも生きたい。
僕のほうから検察官に言わせていただければ、なめないでいただきたい」(元少年)
(中略)
「この裁判の弁護ほど胸を張って弁護できたことは今までありませんでした」(元少年の
弁護団 今村 仁 弁護士)

差し戻し控訴審は実質的な審理を終え、最終弁論に移ります。(抜粋)

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3662313.html

>>1の中略部分
「彼に対して温かい言葉をかける弁護団に対しては真しに対応しますが、検察官や裁判官
の尋問に対しては敵意や不快感をあらわにしますし、とても心から改心している人間とは
思えません」(本村 洋 さん)

20日まで3日間の集中審理の中で、元少年は、殺意や乱暴目的を認めた捜査段階の
供述調書に署名した理由について、検察官からレイプ目的を否定すると死刑の公算が
高まると言われたと証言。また、強姦という言葉の意味について認識不足だったことを
強調しました。

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3662313.html
涙をこぼしながら、自分だけの主張した弁護士・・・・・
普通の記者会ではあり得ないだろうね。
プロパガンダありありの記者会見では、一般人の考えからは乖離しすぎではないでしょうかね
 


2007-09-22 13:13  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。